会社概要

メッセージ

情報化社会の進展と共に政治、経済、社会、文化芸術など様々な分野でグローバル化が進み、消費者や生活者にも多様な価値観が生まれています。様々な技術革新によりコミュニケーション環境もまた複雑かつ多様化しています。 こうした中で、お客様の理念や活動を、正しく社会全体に伝え理解を深めていくPR活動は、ますますその重要性を増しています。
お客様の一挙手一投足は常に社会の目にさらされています。PR計画の立案に当たっては、社会の動向、メディアの特性を的確に把握し、いつ、どのようなメッセージを、どのようなコミュニケーション手段で発していくべきかに腐心します。
アクティオは、PR計画の立案、実行、キーメッセージの策定、活動結果の評価・検証、そしてNext Step に繋がる新たな政策、施策を提案し、信頼され価値あるPRエージェントとしての期待に応えてまいります。

経営理念

アクティオは、PRコンサルティング、企画提案を通じてコミットした事柄を、完全に成し遂げるという強い決意をもって社名をアクティオ(actio=行動、実行、遂行)としました。

お客様のニーズに基づいて、パブリシティ、イベント、広告、SNSなど様々なコミュニケーション手段を総合的に捉えた戦略的広報計画を提案し、パブリックリレーションズ活動を通じて、お客様と社会とのより良い関係作りに貢献し、お客様の発展に寄与します。

アクティオについて

actio's vision

パブリックリレーションズ活動を通じて、企業価値を高めると共に、企業と社会のより良い関係作りと発展に寄与します=PR Designing for Value

actio's mission

私達は、PRコンサルティング、企画提案を通じてコミットされた事柄を、完全に成し遂げるという強い決意をもって社名をアクティオ(Actio=行動、実行、遂行)としました。

PR業界は今や第4世代を迎えています。60年代にPR業を興しPR=パブリシティであった第1世代、70年代-80年代にそのマーケットを拡大、社会的認知を深めた第2世代、90年代に入ってパブリシティ重視のPRから、マーケティングと連動して総合的なコミュニケーションを志向しPRの領域を広げた第3世代。

そして第4世代を迎えた今日、政治、経済、社会それぞれの分野でシステムチェンジが行われ、また、インターネット、携帯電話、情報家電など多様なコミュニケーション手段の普及と共に、PRも新たな対応、手法が求められてきています。

株式会社アクティオは、本格的なユビキタス時代を間近にして、既存の価値観に拘泥することなく、先を見据えた総合的なPR/広報活動を展開してまいります。

actio's mind

  • 社員一人一人が向上心をもって日々研鑚すること
  • プロ意識をもって最高のサービスを提供すること
  • 常に問題意識をもって事に接し、創造的な仕事にチャレンジすること
  • 融和の精神を持って互いに尊重し、協力し合うこと
  • すべての面でスマートであること
  • グローバルな視点に立ち国際的な視野をもつこと
アクティオ エントランス

会社概要

社名
株式会社アクティオ
所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿OMビル
電話番号
03-5771-6426
設立
2003年8月20日
資本金
1,000万
役員
代表取締役:垣本 浩喜
 
専務取締役:栗原 貴志
 
取締役:丸山 忠生
主なサービス
総合的なPR/広報活動

アクセス

交通機関 Access
東京メトロ副都心線・北参道駅から徒歩2分

会社沿革

2003年8月 広報コンサルティング、PR活動の企画立案・実施を目的に、東京都港区に、PR代理店・株式会社アクティオを設立(資本金1000万円)
2003年 9月 東京都港区南青山にオフィスをオープン
2003年10月 IT業界の最大手企業より広報業務を受注。本格的なPR活動を開始
2005年11月 社業の発展と共にオフィスを東京都渋谷区渋谷に移転
2008年 9月 業容の拡大と機能強化にともない、オフィスを東京都渋谷区千駄ヶ谷に移転
2017年 8月 代表取締役菅成由退任に伴い、取締役垣本浩喜が代表取締役に就任

ソーシャルメディア

お問い合わせ
Contact Us

アクティオへご要望、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

株式会社アクティオ

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿OMビル

TEL:03-5771-6426
FAX:03-5771-6427

お問い合わせ

このエントリーをはてなブックマークに追加