ブログ・お知らせ
Blog & Information

ぽっこりぐるぐるどうなるの? 「機能性表示食品制度」いよいよ始まる

4月1日から新しく「機能性表示食品制度」が開始されました。

「機能性表示食品制度」は、これまでの「特定保健用食品」(いわゆる"トクホ")と「栄養機能食品」に続く制度です。トクホのようなマークは無く、製品ラベルに「機能性表示食品」と明記されます。

本制度は、企業の自己責任で、表示する内容や機能性の根拠を消費者庁に届け出る方法で運用されます。本制度のガイドラインに沿えば、政府機関の審査なく無く受理され、「脂肪の吸収を抑える」などの食品の効果効能を謳うことができます。

例えば、キリンビバレッジ株式会社は、6月23日発売予定の新製品「食事の生茶」など2製品で機能性表示食品の届け出を行い、受理されています。
(「食事の生茶」のHP: http://www.kirin.co.jp/products/softdrink/namacya/shokuji/

「機能性表示食品」は、「食事の生茶」のように、その「機能性」について、臨床試験や研究レビュー(システマティックレビュー)で科学的な根拠示す必要がありますが、トクホ認定に比べ形式上、審査に必要な時間と開発費用などが必要ないことを考えると、中小やベンチャー企業もこのマーケットに参入しやすくなったとも言えます。また、例えば、骨の健康を保つといわれている「β-クリプトキサンチン」(柑橘類のオレンジ色のもとになる色素の1つ)を含んだ温州みかんや抗疲労効果があるといわれている「イミダゾールジペプチド」を豊富に含む鶏むね肉などの農産物も対象に含まれるので、農林水産省もこの制度を積極的に後押ししています。

ただまだ、始まったばかりなので当然ですが、制度の不備や課題も各方面から指摘されており、今後この制度がどれだけ、すっきり、きれいに、スムーズに進むかどうか、全国のおばあちゃんの口癖になるほど一般に理解が深まるかどうか、その行方が注目されています。

「機能性表示食品制度」詳細は、消費者庁のHPをご確認ください→ http://www.caa.go.jp/foods/index23.html#m04



*ちなみに北海道食品機能性表示制度の愛称は「ヘルシーDo」です。

詳細は、http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kz/sss/ks/hyouziseido.htm

お問い合わせ
Contact Us

アクティオへご要望、ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

株式会社アクティオ

東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-7 原宿OMビル

TEL:03-5771-6426
FAX:03-5771-6427

お問い合わせ

  • 関連ブログ・お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加

年別アーカイブ
Archive by Year